メッセ購入特典

炸裂スイートファイト!(魔法戦士スイートナイツ Complete Disc)

メーカー名 Triangle
発売日 05/11/25
ジャンル ミニゲーム(シミュレーションバトル)
原画 斎藤なつき
シナリオ 反事象桂林(監修)、島村ひろし、坂本江麻、園崎晶
CG 全186枚(30枠)、回想28個
属性 凌辱、輪姦、恥辱、羞恥、レズ、母娘丼、3P
声の出演 木葉楓北都南木村あやか島香麗子飯田空彩世ゆう白井綾乃茶谷やすら
遠野そよぎ、中本伸輔
お気に入り 凛々子
ストーリー
メッツァー参戦!?
光るっ!唸るっ!メッツァーの妖しい魔手が再びスイートナイツ達に襲いかかるっ!
戦って戦って戦い抜いて、その先にある「黄昏の閃晃」とは果たして??
ソレはメッツァーの追い求めて止まぬ「コノ世ヲ終ワラセル物」なのか?
魔法戦士スイートナイツのアナザーストーリーがここに開幕するっ!
Triangleより
はじめに
システム ★★★★★★☆☆☆☆6
音楽/声 ★★★★★★★★★★10
絵/CG ★★★★★★★★★☆9
シナリオ ★★★★★★☆☆☆☆6
エロ ★★★★★★★★★☆9
合計 40/50(80点)
登場人物
メッツァー・ハインケル/主人公・名前固定  声:中本伸輔
「スイートナイツ」シリーズにおいて不動の主人公で、今回はなんと音声付き。本当は強いらしいが、まだ調子が万全ではないので今回も後方で戦闘を見ているだけ。
味方を激励したりスイートナイツに「おさわり」する時に気合いが入っていて、ムダにカッコイイ。

ココノ・アクア 声:茶谷やすら
属性 非処女、和姦
「スイートナイツ」シリーズのメインヒロインであるメッツァーの愛奴隷兼副官。
いつものように「完全には力が回復していない」と言い張るメッツァーの代わりに戦場に立つ。
メッツァーが凛々子に固執していることを何となく感じ取っているので、ちょっと複雑な心境だが、ココノ本人がメッツァーにメロメロなので無問題。前作で出番が多かったせいか今回は出番が少なめ。

七瀬 凛々子(ななせ・りりこ)/スイートリップ 声:木葉楓
属性 非処女、輪姦、羞恥、露出、尿、レズ
清純な容姿と純真な正義の心に淫らな肉体を併せ持つ、Triangleが誇る絶対無敵のヒロイン。
メッツァーに犯される内に「メッツァーLOVE」になってしまったようで、恋心と正義感の間で揺れ動く。
乙女チックなところもあるけど脱ぐとエロい。堕ちてもエロい。

柚木 香那葉(ゆずき・かなは)スイートキッス 声:北都南
属性 非処女、輪姦、レズ、羞恥
スイートリップを慕う可憐な美少女。前作は中盤まで引き籠もっていたが、今回は最初から登場。
今までは凛々子を「慕っている」程度だったのに、露骨に「凛々子LOVE」なキャラになってしまった。
スイートナイツの中では人気が低く、人気投票でエレニスに負けてしまうようなキャラだったが、救いの手が差し伸べられたようで、今回はかなりエロが濃い。

宮守 麻由希(みやもり・まゆき)/スイートパッション 声:木村あやか
属性 非処女、虚ろ目、レズ、輪姦
小麦色のツインテール。前作で憧れの先輩をどこかに飛ばされてしまったが、現在も捜索中。
メッツァーに先輩の真似をされると本気でキレるが、凌辱され続けてココロが弱くなってくると声マネを聴くだけで頭の中が混乱するようになる。諸事情により、堕としても手駒として戦場に出すことはできない。

ティアナ・リリアン・トランシルヴェールプリンセスティア 声:島香麗子
属性 非処女、淫乱、羞恥、輪姦、レズ、母娘丼
2作目のヒロインだった愛と正義のプリンセス。聖涙石の力でプリンセスティアに変身して戦うが、聖涙石の副作用で身体が敏感なのは今までと変わらず。どこかに「スイッチ」があるみたいで、スイッチがONになると信じられないくらい淫乱になり、「気高く淫ら」だったはずが見る影もなくなる。

エレニス・レクシア 声:彩世ゆう
属性 非処女、虚ろ目、レズ
初登場した時は女神近衛団第一騎士団副長。前作では洗脳されてエルウィンの手下になっていた。
「スイートナイツ2」の流れは無視しているらしく、服装は「スイートナイツ2」のままだがキャラ設定は「プリンセスティア」。敬愛なるティアナ姫をエロ娘にしたメッツァーを憎んでいる。

佐倉 愛梨(さくら・あいり)スイートルージュ 声:飯田空
属性 非処女、レズ
通称「年増」。現実世界では凛々子や香那葉の先生で、ロアではスイートナイツをまとめるリーダー。
「プリンセスティア」では出番が冒頭の1シーンだけで「スイートナイツ2」でも蔑ろにされていたが、当然、今回も出番は少ない。「年増」と呼ばれることに対して、実はとてもムカついていることが判明する。

フェリセス・レクシア 声:飯田空
属性 非処女、レズ
元女神近衛団第一騎士団団長で、メッツァーの副官を経て、現在はエルウィンの右腕。
今もメッツァーを少し意識しているようだが、メッツァーとしては「戦闘力」以外はどうでもいい感じ。
声優さんが同じでキャラ的にもどこか似ているため、スイートルージュと同じような扱いを受けている。

クイーングロリア 声:白井綾乃
属性 非処女、母娘丼
ティアナ姫の母でロアを統べる女王。アホ毛がカワイイけど色気はムンムン。
エロエロになってしまった娘を見てショックを受けるが、この人も一度カラダに火がついたら止まらない。
「スイートナイツ2」同様、最終決戦で登場するため出番は少なく、出番が無さ過ぎて退屈らしい。

朋衛 玲奈(ともえ・れな)エンシェル・レナ 声:遠野そよぎ
属性 非処女、3P、凌辱
「光臨天使エンシェル・レナ」からのゲスト出演。更なる戦いを求めるメッツァーと遭遇し、対決。
メッツァーに敗れれば当然のことながら凌辱され、メッツァー・ディネロの新旧悪役に犯されてしまう。
内容
<システム>★★★★★★☆☆☆☆6
セーブ/ロード ハードディスクが許す限り、何個でもセーブ可能(のはず)
CG/シーン回想 あり
スキップ あり
オートモード あり
バックログ あり
ボイスリピート あり
音量調節 可能(BGM・効果音・音声)
ディスクレス 不可
右クリック
修正ファイルを適用すると、男性ボイス(メッツァーだけですが)のON・OFFが設定できるようになります。
戦闘パートがドラクエ風からFF風に変更されましたが、攻撃時のアニメーションの遅さが致命的で、
掛け声と共にゆっくり前に出るだけなのでテンポがかなり悪いです。

<音楽>★★★★★★★★★★10
各スイートナイツとの最後の戦闘では過去作の主題歌(フルVer.)がBGMで流れますが、
アルバム「Enhanced Utopia」に収録されている「アレンジ版」もBGMに使われているので、
この作品があれば「Enhanced Utopia」は不要だという衝撃の事実に気付いてしまいます。

主題歌「Dancing in the moon light」 歌:minako
相変わらずOPには力が入っていて、サビ(「星空の〜」の部分)が特にカッコイイです。

<声>

北都南さん(香那葉)
前作は香那葉よりもサキュバスの方が目立っていた気がしますが、今回出番の多さはメインヒロイン級。
あんなに弱々しかった香那葉が凛々子に異常なまでの執念を見せるようになり、少し逞しくなりました。

島香麗子さん(ティアナ)
最も気合いが入っていると思われる声優さんで、激しく「メッツァー様LOVE」。
戦闘前の気高い雰囲気とHシーンの乱れっぷりの変化の差が激しすぎて、圧倒されること間違いなし。

<絵>★★★★★★★★★☆9

CG 回想
ココノ 4枚 1個
凛々子 38枚 6個
香那葉 39枚 6個
麻由希 37枚 5個
ティアナ 30枚 5個
ルージュ 6枚 1個
エレニス 5枚 1個
フェリセス 6枚 1個
ママン 8枚 1個
レナ 5枚 1個
その他 8枚 なし



<シナリオ>★★★★★★☆☆☆☆6


<エロ>★★★★★★★★★☆9

まとめ
戦闘は下魔を出せば楽勝。と言うか、下魔最強。
スイートナイツ3人とプリンセスティアのエロはとにかく濃い(特に香那葉とティアナ姫)
ついに香那葉の時代到来。そして伝説へ