D-STAGEへ パッケージ拡大

生贄巫女 〜触手凌辱〜

サークル名 デジぱれぶらんど
発売日 05/03/04
価格 900円(税抜)
ジャンル デジタルコミック
元ネタ オリジナル
原画 優希燐
シナリオ 速水漣
CG 32枚(差分含む)
属性 巫女ボテ腹触手輪姦、母乳、未亡人、ロリ
声の出演 梨本悠里
ストーリー
とある山村で密かに繰り返される、触手の怪物に巫女をささげるという淫猥な儀式。
生贄の巫女達は村の男達にも犯され、誰のとも知れぬ子を孕ませられるという。
何も知らされず呼び集められた4人の巫女達が迎える結末は…?
※パッケージより
はじめに
システム ★★★☆☆☆☆☆☆☆3
音楽/声 ★★★★☆☆☆☆☆☆4
絵/CG ★★★★★★★★★☆9
シナリオ ★★★☆☆☆☆☆☆☆3
エロ ★★★★★★★★☆☆8
合計 27/50(54点)
登場人物
巫女さん(一番目) 声:梨本悠里
強気なタイプの巫女さん。彼氏持ちだが処女。「手伝い」で巫女になるが夜中に拉致され触手に犯され、解放された後も男達に犯され、ヒトと触手に犯され続けるうちに孕ませられる。

巫女さん(二番目) 声:梨本悠里
未亡人。子持ちなので母乳が出る。ちょっと古風で上品な女性で、言葉遣いも丁寧。
悪霊に夫を喰われてしまい、その悪霊を鎮めるために巫女を志願するが、社で男達に手を縛り上げられ犯されてしまい、久しぶりの挿入にすぐヨガリ狂い快感に身を震わせる。

巫女さん(三番目) 声:梨本悠里
ロリタイプの巫女さん。何をすればいいのか社に聞きに行ったところ、いきなり輪姦される。
その後、目隠しされたまま触手に凌辱され、前と後ろを犯されながら喉の奥と鼻の中を犯される。
ちなみにテキストで表現されるだけだが、彼女だけ出産する。

巫女さん(四番目) 声:梨本悠里
古風な言葉を使うクールビューティーな巫女さん。身体を水で清めていたところを男達に襲われ。
触手に犯されるとすっかり従順になり、「子種を注いで下さいまし」とおねだりするようになる。
内容
<システム>★★★☆☆☆☆☆☆☆3
セーブ/ロード なし
CG/シーン回想 あり
スキップ なし
オートモード なし
バックログ ノベル形式の「テキストモード」に変えた時のみ可能。
ボイスリピート 可能
音量調節 なし
画像ファイルと音楽ファイルで構成されており、ブラウザを使って閲覧するタイプの作品です。
セーブもスキップも無いですが、ボリュームも無いので困ることはないはず。
音声は無くなるけどCDから絵だけを抜き出してCG集にした方が使いやすいです。

<音声>★★★★☆☆☆☆☆☆4
この作品はヒロイン視点からの文章なのでモノローグ部分にも音声がついていますが、正直CGメインの作品に音声とかどうでもよかったりもするわけですよ。
梨本悠里さん(一人四役)
演じ分けが上手いとは思いませんが、ロリ巫女が他の3人と違う系統の声なのは理解できる気がします。

<CG>★★★★★★★★★☆9
綺麗な絵で塗りは少し薄めですが、これくらいでちょうどいいと思います。
ただ、「触手+孕ませ」があるのに何故「虚ろ目」を外しますか?

<シナリオ>★★★☆☆☆☆☆☆☆3
文章を読んでいくだけで選択肢は一切無く1キャラ分のシナリオも短いため、30分くらいで全て終わります。
どのタイプの巫女さんも、
「人or触手に犯される」「触手or人に犯される」「妊娠する」「ボテ腹の状態で犯される」
という展開しかないので話の内容は単調です。

<エロ>★★★★★★★★☆☆8
人間も触手もメインは「輪姦」。輪姦・凌辱オンリーで、この作品に純愛や和姦なんてものは存在しません。
どのヒロインも即堕ちで、卑語も無意味に連呼しているだけなので、ちょっとバカっぽいのが難点。
まとめ
絵は悪くないので、属性にピンときた人は買ってもいいと思う。
音声もテキストも大したこと無いので、絵だけHDDにコピーして、CG集として使った方が便利。
同じ「触手凌辱」ならコレといい勝負。